楽しみながら、挑戦することが大事。芝高進の話。

0

    楽しみながら、挑戦することが大事。芝高進の話。

    入社から30年余、現在も、幹部社員の一人として製造部門を支える、芝高さん。

    入社当時のエピソードから、若手・新入社員へのメッセージまで溢れ出すように言葉を紡いで語ってくれました。

    ◎入社当時のことを教えてください。

    進路について考える時期、事務系の仕事には自分は向かないなぁと思っていて。
    当時は、子供が遊ぶ道具といっても今の様に既製品がたくさんあるわけじゃなく、竹を切って自分たちで細工をしたりおもちゃを作ったり。そんな時代で、手を動かすことには慣れていたせいもありますけど、好きだったほうでした。
    だから漠然と、仕事につくなら手を動かす、製造関係の仕事という想いがありました。
    例の先生がそれを知っていて、自分に声をかけてくれたのです。
    最初から「お菓子作り」「職人になる」と決めていたわけではなかったんですよ。

    当時、製造部門は自分をいれて3人。
    工場長から仕事を教わる毎日でしたが、そごう店が出来たばかりということもあり、とにかく多忙で。
    自分も、「早く一人前になれ」そんな感じで育てられました。
    ふつう、職人の世界というと、技は「自分で盗め」というような、なかなか肝心なことを教えてくれないし、上にいくのもまだ早い、そんなイメージがありますがとても積極的に、どんどん新しいことを教わりました。
    恵まれた環境だったと思います。

    ◎上司から進んで教えてくれる、というのは、たしかに職人の世界では恵まれた環境のように思えますが、お菓子づくりの世界にとびこんだばかりの「右も左もわからない」中では、相当なプレッシャーのように思えます。

    とにかく必死でした。そんな中、ひとつひとつ、知らないことを知っていく、出来ないことが出来るようになる。それが楽しかったし、やりがいを感じました。
    中でも、一番印象的なのは新人1〜2年目にして、いきなりデパートの催事で、実演販売を任されたことでしょうか。
    それこそ何もわかりません。しかも、1人。
    それで、実演、接客、包装やレジもする。もう本当に勉強になりました。作ることだけに集中していたらお客様をつかまえられないし、話し相手をしていたら手が止まるし。笑
    ゼロの状態から自分でつかんでいくしかないんです。隣のブースに、もみじ饅頭さんが出ていらして、こちらが不慣れで困っているのがわかってか、「兄ちゃん、こうするんやで〜」とディスプレイの仕方から何から、細かなことまでいろいろ教えてくれて、嬉しかったです。その出会いが、とても印象に残っていますね。それほど強烈な体験でした。

    ◎芝高課長は、お客さんあしらいもうまくて、実演や、お菓子教室向きなんだって勝手に思っていましたが、もともとそうだったわけではなくて、ゼロからの体験の積み重ねなんですね。

    人と話すことは嫌いではないですが、意外と、思われるよりも人見知りなほうです。
    子供時代は、家の電話が鳴っても、絶対出られませんでした。
    日によって、お客さんによって、本当にいろんな条件が違う中、とにかく工夫するしかない。
    ひとりもお客さんがこなくて・・・というときも、もうあきらめて何もしない、というのも、一つですけれど、自分はそれは嫌で、何かしら仕掛けようと、いつも悪戦苦闘していました。


    やっても結果が出ないことも多いですが、とにかくいろんなことを、自分なりに考えて試しました。
    そうしたことが、やっぱりひとつひとつ、力になっていきます。
    包装も自分でするわけですから、やり方を習って、また数をこなしたので、実は今でもちょっと自信があります。
    綺麗な包み方のコツを女子スタッフに教えたこともあるんですよ。

    ◎修業時代の話、どれも興味深いです。そして芝高課長が、大変な状況だったと思うんですけど「楽しい」「嬉しい」という前向きな言葉を使われていることが、素晴らしいと思います。

    入社15年が経つ頃、前任の工場長の定年を機に、日乃出本店の工場責任者の一人となるわけですが、ご出身が近いということもあり、「ぶどう饅頭」は昔からご自身にとって身近な存在だったのでしょうか? 

     

    美郷の出身なので、もちろん、ぶどう饅頭は幼いころから知っていました。
    自分の祖母が、まだ若いころだと思いますが、日乃出の「食堂」でごはんを食べたりしていたんよ、と、自分に話してくれたことがあります。今のビルになる前の、旧社屋の時代に、来店したことがあったんですね。
    当時の幸運券も何枚か持っていて、改装するまで、ずっと家の玄関に貼ってありました。
    そんなふうに、日乃出本店は家族にとってなじみある存在でしたね。
     

    ◎終わりに、30年という長いキャリアだからこそ、日々の仕事の中で大切にしていること、をお聞きしたいです。
    日乃出本店では、ありがたいことに長年勤続してくれるスタッフがとても多く、あまり言葉にしなくても自然と芝高さんの経験や人となりについて知っている人もいます。
    ですが、これもありがたいことに、ここ数年、若手の製造スタッフが数多く入社してくれています。そうした新しいスタッフは、かつての芝高さんのように、右も左も分からない中で悩むこともたくさんあると思います。ぜひ、彼ら彼女たちにむけてのメッセージをお願いします。

    お話したように、とにかく新人時代は、経験不足ながら「何でも屋」として過ごしました。
    そのこと自体は決して楽ではなかったし、若かったからできたなぁというくらい大変なこともありましたけど、結果、自分の引き出しが増えて、思いがけず出来ることが増えた。
    その過程ってとても楽しいし、だから続けてこられたんだと思います。
    もう自分がやるしかない、自分で考えるしかないから、あの手この手、自分から工夫して、動いていくことができた。だからこそ、それが結果につながったときの達成感ってすごく大きいです。環境的に仕方がないから、上司もすすんで技術を教えてくれた、新人ながらなんでも体験させてくれた、そうした条件は確かにあったと思いますが、のびのびとチャレンジできたことがとてもプラスになったと思います。

    今は、もちろん時代も違います。
    会社が成長して層も厚くなってくれば、「まだ、ここまで」「この上はまだまだだ」とじっくり育てることを優先するようになるし、先輩がほかにいるのだから、おいそれと新しい環境にバンバン飛び込ませたりはしないです。当然、リスクのあることですから。
    どちらがいい悪いではないと思います。だけど、「今はこれだけ」とか「これだけしかやっちゃいけない(させちゃいけない)」とあんまり思いすぎず、やってみよう、チャレンジしてみよう、という気持ちがあれば、自分の引き出しが増えて、もっともっと出来ることが増えていく。「できない」「やっちゃいけない」と思うよりは、そうしてどんどんやってみることがきっと楽しいしやりがいがあると思います。
    じっくり覚えていくことの良さもありますから一概にいえることではないですが、自分はそうやって楽しく仕事をしてこれた、ということを伝えたいです。
    「教えてほしい」ということに対して、「教えない」ということはないので(笑)、若手の人たちも、積極的にいろんなことを聞いてきてくれたら嬉しいと思います。


    ひなまつり限定:伝統の「節句菓」のご紹介

    0

      JUGEMテーマ:スイーツ

       

      3月3日、桃の節句。

       

      「ひなまつり」と聞けば、誰もがちょっぴり

      くすぐったい気持ちになる、

      華やかで愛らしい、女の子のための1日。

       

      日乃出本店では、古来より大切にされてきた

      「お節句」の伝統を

      楽しく、美味しく

      楽しんでいただくため

      今年も、ひなまつり限定のお菓子セットをご提案。

       

      *ひなまつりセット

      400円(税込)

       

      ・平安時代より宮中に伝わる、ひなまつりの伝統菓子「ひちぎり」と

      愛らしい桃、ひなあられのセットです。

       

      〜3月3日まで:予約受付中

      ご希望のお受渡し日をご指定の上、店舗にてお申込みください。

      【穴吹本店:0883-52-1061(午前8時〜午後7時)】

       

       

       

      穴吹本店の様子もすっかり

      ひなまつり仕様!

       

      3月3日まで、

      銘菓お詰め合わせや「ぶどう饅頭」にも

      お使いいただける、季節限定の

      『ひなまつり掛け紙』

      ご用意しております。

       

      この季節の御遣い物やギフトに

      ぜひ、ご利用ください。

       

       


      10月の日乃出本店は、ハロウィンづくし!【10/15十五日餅のご紹介】

      0

        JUGEMテーマ:スイーツ

         

         

        10月の日乃出本店は、ハロウィンづくし!!

         

        毎月恒例「15日」の十五日餅では、

        オレンジの見ためも鮮やかな、ハロウィン仕様「かぼちゃ」を

        当日のみの特価100円で販売いたします!

         

        朝7時〜朝8時の「朝茶会」では、温かいお茶とともに

        無料おふるまい。

         

        10月15日(土)、ぜひお誘いあわせの上

        秋の味覚を味わいに、お越しくださいませ。

         

        皆様のご参加をお待ちしております。

         

         


        ぶどう饅頭づくり「一筋」14年 中尾克志の話。

        0
          ぶどう饅頭づくり「一筋」14年 中尾克志の話。

          兵庫県、加古川出身。
          地元の「西川パン」にて商品企画に携わる。
          その後、京都への引っ越し・転職を経て、美馬市へ。

          食品にかかわる仕事が好きで、一貫して携わりながらも、意外にも「製造」の現場の経験はなく、2002年・日乃出本店入社とともに初めて、「お菓子作り」の現場に飛び込みました。

          「ぶどう饅頭」づくりのリーダー候補としてのキャリアのスタートでありながら、前任者の退社のタイミングで、とても短かった引継ぎ期間。

          「ぶどう饅頭」といえば、当時すでに誕生90年あまりを数える老舗の看板銘菓。
          製造スタッフとしての仕事じたいも初めてであっただけにそのプレッシャー、とまどい…当時の苦労がしのばれます。

          きりっとした横顔からうかがえる、中尾さんの「一本気」。
          「自分は、昔気質な人間ですから」

          仕事として選んだ以上熱意をもって、取り組み、結果を出す。
          好きで選んだ、お菓子作りという仕事。
          与えられた環境に応えられるだけの誇りをもってその仕事に向かうことが大事。
          そして、だからこそ楽しい、そうでなければ意味がない、と思っている意志の強さ、清々しい覚悟が、言葉の端々に感じられます。

          中尾さんという存在はぶどう饅頭にとって、日乃出本店にとって、幸せな出会いだった。
          そう確信せざるを得ないほど、老舗の味、一方では古色蒼然としていた「ぶどう饅頭」にこの頃から、新たな息吹が吹き込まれはじめます。

          ◆串「あり」ぶどう饅頭の始まり

          入社当時、ぶどう饅頭はまだ5つの粒の中に「串の隠れた」昔ながらの形でした。
          きっかけは、あるお客様からのご要望でしたが、私の時代に、初めて、手で持つ部分の串を飛び出させる今の形がスタートしました。

          「今や「伝説」!?化している、串なし(隠れ)ぶどう饅頭。現在スタンダードとなった「串あり」ぶどう饅頭誕生の瞬間に、中尾さんが立ち会っていたのですね!」

          ◆季節味バリエーションの開発・発売開始

          私の入社直後から、当時の社長のアイデアで「季節味」シリーズのチャレンジが始まりました。
          スタンダードだけでない、そうしたバリエーションがあったらいいな、という想いは当時の自分にもありました。
          ただ、私は餡を炊くことはできません。
          自分で責任をもてない仕事に、口を出すようなことが憚られて意見としては言えずじまいでしたが、実現していただき、とても良かったと思っています。
          「いろんな味があって楽しい、美味しい」
          お客様からの嬉しいお声もあって、新しいニーズにあっていたんだと感じました。

          もう一つの「定番味」と言えるほど、愛されている鳴門金時の味、現社長が今年になって改良を加えた「春いちご」。
          どれもおいしいですが、やっぱりなんといっても、昔ながらのぶどう饅頭がいちばんおいしい、と思っています。

          ◆地元とのつながり、愛着

          私自身は、他県の出身であり、地元の人のように昔からぶどう饅頭に親しんでいたわけではありません。
          それでも、知人やご近所の方から、家族を通して、お菓子の感想をいただけたり、また、家族が自らいまはこんなお菓子があるんよ、こんなん出たんよーとぶどう饅頭や日乃出のお菓子を通じて話題をふくらませてくれたり、地元でのお付き合いができているのが嬉しいですね。

          「それは、中尾さん自身が、誇りをもってこの仕事に取り組んでいることが、きっとご家族にも伝わっているからではないでしょうか。」

          ◆何よりもうれしい、お客様の笑顔

          昔気質な人間なので、自分のこうと決めた仕事に取り組むこと、それ自体に、大きなやりがいを感じています。
          けれど、それ以上に、やっぱり一番うれしいのはお客様からの直接のお言葉や笑顔です。

          工場にいるだけではなかなか分からないですが、近年、お店主催のイベントも増え、私も直接お客様と触れ合える機会を多くいただけるようになりました。
          ほかほか 蒸したてのぶどう饅頭を配り歩いているとき、美味しい! もう一本、いいですか?
          そんなお声がけのひとつひとつが、本当に嬉しいです。
          それに勝るものはないですね。

          ◆お菓子をつくることの難しさ

          ここで、筆者は、反省すべき質問をしてしまいます。

          「ぶどう饅頭製造の工程の一部は機械化されています。(だから、品質が同じものが出来る、という前提で)中尾さん自身の、体調や気持ちの面が、お菓子の出来に反映されてしまうことはあるのですか?」

          仕事は仕事。自分の「気分」などで仕事に向かうことは、今までもこれからも、ありません。

          むしろ、機械化しているとはいえ、できてくるものは、本当に一定ではないんです。
          季節や、その日の気温、湿度…様々な環境に左右されます。
          それをどう、調整し、一定した品質を保つかが、まさに人の力です。

          人の手と、機械、素材とのかみ合わせ、どう努力しても気候やその他の要因でどうしてもうまくいかないときは今日はここまで、とその日ラインを止める判断をすることもあります。

          それもすべて、最終的には、限りなく安定した品質のものを作り出すための努力です。
          あさはかな質問をしてしまった自分との反省と、完全手作り・完全機械化・そのいずれでもないからこその難しさ、芸術的ともいえる繊細さを、はじめて知ることができました。
          おいしく安全なものづくりにかける職人の想いを、もっともっと多くの人に伝えたい、そう想いをあらたにしました。

          5代目社長・・「晴」はまだ0才。
          「晴くんが社長になる日まで、杖ついてでも日乃出にやってきて関わっていられたらなと思います」
          そう笑った中尾さん。

          そんな彼がこの会社の一員であり、仲間でいてくれることに、心から感謝します。
          ありがとうございました。


          「餡炊き」30周年。尾形頼昭の話。

          0
            「餡炊き」30周年。尾形頼昭の話。

            日乃出本店 古参スタッフの一人である、尾形頼昭さん。
            今年、52歳を迎え、ふと振り返れば…22歳での入社、「30周年」を迎えたことにご本人も少し驚いているかのよう。

            自分でもびっくりするほどに「あっというま」に感じる一方、30年というひとかたならぬ時の流れは、良いことも悪いことも、さまざまに刻まれたかけがえのない尾形さんだけの財産。
            そして、その長い年月、ほぼ独力で日乃出本店の「製餡」部門を切り盛りしてきた尾形さん、その歴史は、そのまま日乃出本店のかけがえのない財産でもあります。

            ◆成型からはじまった、ぶどう饅頭との出会い

            入社当時、最初に配属されたのは「成型部門」。
            当時、店舗ビルの2階部分にあった工場で丸められたぶどう餡を「ぶどう饅頭」に成型する仕事がはじまりでした。
            穴吹土産、徳島土産として一時代を築いたぶどう饅頭は最盛期をやや過ぎた時期ではあったものの、その現場はまだまだ多忙を極めていました。

            昔ながらのお客様の記憶にある、「葡萄」の優しい絵の描かれた古い包装紙。その包装紙の記憶も、実際手に触れたこともある、尾形さん。
            在籍してきた30年には、包装・パッケージ資材の相次ぐリニューアルや茜庵の創業、ぶどう饅頭「季節味」の誕生、バリエーションなどぶどう饅頭としても、日乃出本店としても変化の多い時期であった。
            言い方を変えれば、尾形さんの存在があったからこそぶどう饅頭餡のバリエーションという、大きな変化を遂げることができたのだろうと思います。

            ◆とにかく健康!「年を経るほど、病気しなくなりました 笑」

            ぶどう饅頭の餡を炊く。
            看板商品である以上、「製餡」の仕事は、まさに会社の『心臓部』といえる大事な仕事です。
            入社、転属から、もちろん仕事を覚える上での古参の上司からの引継ぎはあったものの、ほぼすべての時期においてたった「一人」で、現場を担当してきました。
            和菓子屋である以上、週末、お盆、年末年始も関係のない職場ではあるもののひとつの部門をひとりで責任を持つことの重さは、想像以上。
            「倒れられない」「病気になれない」
            本人の意思はもちろんのこと、そこにはご家族の支えが欠かせません。
            顔の見える社員さんだけでなく、そこに連なるご家族のご協力あってこその日乃出本店、ぶどう饅頭なのだと、あらためて、想いを致すこととなりました。

            親の背中とはよく言うけれど、たとえ言葉にしなくても、そうした強い仕事への想いや責任感は、きっと身近な家族に伝わる。
            息子さんが「お父さんと同じ職場で働きたい」と、口に出したこともあったそう。
            その話をするとき、そうなったらやりにくいし結局そうはならなかったけれど、と破顔しながらも、どこか照れくさそうな嬉しさが表情に見え隠れしていた、尾形さんでした。

            10数年前から、ぶどう饅頭にバリエーションとなる「季節限定味」がはじめて登場し、今に至るまでさまざまな試行錯誤を繰り返してきました。

            いろいろありました。白(ミルク)、黒ごま、すだち…すだちは酢がききすぎて、本当に酸っぱかったですねぇ(笑)。
            2年前から登場した夏味の「煎茶」は、本当においしい。苦みをあえて出したこともバランスがよかったですね。

            また、春の定番として定着した感のある「春いちご」も、今年になり、より鮮やかでおいしそうな色味を出すために、餡の製造過程を一部改良した。
            すでに完成したかのように見える味も、時の流れや需要の変化により、必要とされる見直しを怠らない。
            また、そうした見直しやチャレンジが可能なこともまた、この道一筋の尾形さんの存在あってこそ。

            ◆「赤」「青」のぶどう饅頭!?

            ぶどう饅頭のカラーといえば、優しげな紫色。
            もちろん、色粉を使っての着色にはなるが、現在使用している紫の色粉は特別に注文して作っていただいているもの。
            かつては、「赤」と「青」の色粉を混ぜて、「紫」を作っていた、と聞きびっくり!!
            濃い紫、薄い紫…・色ムラが出たりなども良くあったとか。
            100年もの伝統あるお菓子には、やはりいろんな背景やその時々の歴史がある。
            今の感覚で考えるとややざっくばらんに過ぎるようなそんなエピソードも、おおらかで豪快だったかつての時代の空気が感じられて、ほほえましく思います。

            このインタビュー文章を通して

            何度も繰り返し出てくる、
            「尾形さんあってこそ」「たった一人で」「餡炊き一筋30年」
            という言葉。

            それらは、もちろん何よりもご本人の努力の賜物である以上に数々の幸運が重なった、奇跡のような時間でもあります。
            ぶどう饅頭 誕生1世紀、次の「1世紀」を見据えて――。
            「(自分のほかに)餡を炊ける人を育てたい。育てなければならない。」
            今後の目標は?との問いに、やや絞りだすように伝えてくれた言葉。
            愛され、守られてきたぶどう饅頭がこれからも、徳島にゆかりある人々にとって かけがえのないふるさとのお菓子として、誇りとともに、在り続けるように。
            先人から、そして尾形さんの背中から、連なり、またこれから先へとつながる道を私たちもまたともに見据えていかなければいけない。
            そして、誕生から102年、ぶどう饅頭が今日も明日もたくさんの手によって作り続けられ、お客様のもとへ送られ続けていること笑顔を届け続けていることが、決して「当たり前」ではない感謝すべき奇跡なのだと、思いました。

            ぶどう饅頭づくり、日乃出本店のお菓子づくりに携わる皆さんのお声をこれからも聞かせていただき、学ばせていただきたいと思います。
            よろしくお願いいたします。

            尾形さん、ありがとうございました!これからも引き続きよろしくお願いいたします。

            西川亮子


            | 1/48PAGES | >>

            日乃出本店ショップサイト
            Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << June 2017 >>

             

             

             

            その他

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM